サンプル評価について

販売・サンプル

当社ではアマルファのサンプル処理を有償で引き受けています。

ユーザーから金属部品をお預かりしてアマルファ処理をして返却する方法(樹脂成形はユーザーで行います)と、当社が保有する金型を使ってISO準拠テストピースを成形してお渡しする方法の2つがあります。

当社金型を使った成形の場合、樹脂や金属の部材を当社で用意することもできますが、特殊な材料の場合はユーザーからの支給をお願いする場合もあります。

※2015年に樹脂・金属接合技術の評価方法がISOにて制定される予定です。

アマルファ処理のみのサンプル処理

メック金型でのサンプル成形

サンプル処理のフロー

  • 成形するサンプルの図面の用意
  • 処理する金属素材・成形する樹脂の決定
  • 処理数量の決定
  • 見積もりの作成(処理部材の形やサイズによって変化します)
  • 処理部材の当社への送付
  • 当社研究所でのアマルファ処理・処理後部材の返送
  • ユーザーでの樹脂成形および評価

サンプル処理における注意点

  • 金属種によっては処理できないものがあります。
  • ビーカーに入るサイズでお願いします。
  • 基本的には2週間で処理をして返送しますが、混雑具合により、さらに時間がかかる場合があります。
  • 当社金型での成形の場合、さらに2週間の時間をいただきます。

詳細に関しましては当社にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

動画

ページの先頭へ戻る