耐久性

性能・品質管理

アマルファ接合では樹脂と金属が直接接合しており、
その界面には接着剤などの耐久性の低い物質が存在しません。
そのため、樹脂もしくは金属が劣化するまで接合が劣化しません。

接合界面ではなく樹脂が壊れる図解

当社ではヒートサイクル試験・高温高湿試験でテストピースを加速劣化させましたが、アマルファ界面に起因する劣化はありませんでした。

耐久試験結果

  常態 ヒートサイクル後 高温高湿後
-40℃,30min⇔150℃30min
1,000サイクル
85℃,85%RH
1,000時間後
  Al ADC SUS Cu Al ADC SUS Cu Al ADC SUS Cu
PPS - -
PA6 -※ -※ -※ -※ - - - -
PA66 -※ -※ -※ -※ - - - -
フェノール - -
エポキシ - -
  • ○:ヘリウムリーク試験 1.0×10-10Pa・m3/sec以下(リークの検出限界値以下)
  • -:評価データなし
  • -※:PA樹脂は高温(150℃)で変色・劣化するため、ヒートサイクル試験不可

熱により劣化したPA66樹脂

PA66樹脂成形サンプルをヒートサイクル試験(250サイクル)にかけた結果。樹脂にクラックが発生し、クラックを通してリークするようになった。

ヒートサイクル後に
クラックが入った樹脂

ガラスフィラーが入っていない非強化樹脂で、ヒートサイクル後に樹脂にクラックが発生した例。(アルミ・フェノール接合サンプル)

ページの先頭へ戻る