よくあるご質問

よくあるご質問

アマルファ処理全般について

すべて開く

どの金属に処理ができますか?
現在、アマルファ処理できる金属は銅・アルミ・ステンレス(SUS)・ニッケル・鉄となっています。
合金はアマルファ処理できますか?
合金の成分によりますが、多くの場合、アマルファ処理が可能です。
アルミ合金はほぼすべての合金(1000,2000,3000,5000,6000,ADC12)がアマルファ処理可能です。
銅合金も黄銅・青銅など多くの合金の処理が可能です。
しかし、合金の種類(例:C5210)によってはアマルファ処理ができないものもあります。処理可能な合金の組成についてはお問い合わせください。
樹脂を粗化処理したいのですが?
アマルファ処理は金属表面処理の技術です。樹脂表面の粗化処理はできません。

アマルファ処理薬液について

すべて開く

すべての金属が1種類の薬液で処理できますか?
合金種が違う程度(A1000番系とA2000番系など)であれば同じ薬液が使えますが、金属種が違う場合は金属の種類によって薬液がそれぞれ違います。
RoHS規制に適合していますか?
当社薬液にはRoHSで規制されている6物質は含まれていません。

アマルファ処理工程について

すべて開く

どのような処理ラインを作ればいいですか?
アマルファ処理は浸漬処理のため、無電解メッキによく似たライン構造になります。ライン設計の詳細に関してはお問い合わせください。
ページの先頭へ戻る