処理・成形プロセス

アマルファとは

アマルファ処理は当社の薬液に数分間、金属を浸漬させることで行います。
薬液・処理手順は金属種によって異なります。
※一部、スプレー処理タイプの薬液もあります。

アマルファ処理ライン

アマルファ処理ラインは無電解メッキとよく似た設備となります。
また、処理ライン以外に排水処理設備が必要になります。
アマルファ処理された金属部品をインサート射出成形機の金型にセットし、
樹脂を射出成形することでアマルファ接合された樹脂・金属一体成形部品が出来上がります。
(熱圧着など別の方法で接合させることもできます)

部分処理について

金属部材の一部分をマスキングすることでアマルファの部分処理が可能です。
ただし、手作業でマスキングする場合には大きなコストがかかることが予想されますので注意が必要です。
(アマルファ処理よりもマスキング作業のほうがコストがかかります)

動画

ページの先頭へ戻る